【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続・遺言用語集 » 相続・遺言用語集(あ行、か行)

相続・遺言用語集(あ行、か行)

2012/03/03

あ行

 

遺言(いごん)

自分の死後の法律関係を定めた最終意思の表示。「ゆいごん」ともいう。
遺言の内容を記載したものを、遺言書、遺言状という。 

 

遺言執行者(いごんしっこうしゃ)

遺言の内容を実現するために特に専任された人のこと。
相続人の代理人。 

 

遺言能力(いごんのうりょく)

遺言ができる能力のことで、満15歳になった者は遺言をすることができる。 

 

遺言の撤回(いごんのてっかい)

以前の遺言を取り消すこと。 

 

遺産(いさん)

被相続人が遺した財産のすべて。相続財産のこと。

 

遺産相続(いさんそうぞく)

被相続人が遺した財産を受け継ぐこと。

 

遺産分割(いさんぶんかつ)

相続人が複数人おり、遺産が共有となっている場合に、相続人間で遺産を分配し、各相続人単独の財産とすること。 

 

遺産分割協議(いさんぶんかつきょうぎ)

相続によって相続人全員の共有となっている相続財産を各相続人の所有とするための話し合いのこと。

 

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

上記話し合い(遺産分割協議)の結果をまとめた書類のこと。

 

遺贈(いぞう)

遺言によって財産を他人に与えること。

 

遺贈の放棄(いぞうのほうき)

受遺者が与えられた財産の受理を断ること。 

 

遺留分(いりゅうぶん)

一定の相続人に最低限保障されている相続分のこと。
遺留分を受ける権利がある者は、被相続人の直系尊属、直系卑属および配偶者であり、兄弟姉妹には権利がない。 

 

遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)

遺留分を侵害するような遺贈や贈与が行われた場合に、遺留分を侵害されている相続人が侵害された限度で余分にもらっている者に請求すること。 

 

遺留分の放棄(いりゅうぶんのほうき)

相続開始以前に、家庭裁判所の許可を得て遺留分を主張しない旨の手続きをすること。

 

姻族(いんぞく)

本人または血族の婚姻によってつながる人々。

 

 

か行

 

家庭裁判所(かていさいばんしょ)

家庭内の問題に関し、調停などの申立てをする裁判所のこと。
自筆証書遺言の検認手続きもまた、家庭裁判所で行う。 

 

家督相続

 民法旧規定により、戸主が死亡・隠居などをした場合、一人の相続人が戸主の身分・財産を相続すること。

 

換価分割(かんかぶんかつ)

 遺産を売却したうえで、その金銭をわける方法。現物を分割してしまうと価値が下がる場合に有効な手段。

 

改正原戸籍(かいせいげんこせき)

法改正により、作り替えられる前の戸籍のこと。 

 

共同遺言(きょうどういごん)

2人以上の者が一つの証書で遺言すること。この場合、作成された遺言は無効となる。 

 

共同相続人(きょうどうそうぞくにん)

相続の発生から遺産分割をする前の間に、遺産を共有している2人以上の相続人のこと。

 

共有分割(きょうゆうぶんかつ)

各相続人の持分を決めて、共有で分割する方法。

 

寄与分(きよぶん)

 相続人の仲で被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与をした者があるときの寄与額のこと。

 

血族(けつぞく)

 血縁によってつながる人々。法律上は養親子関係にある者(法定血族)を含む。

 

限定承認(げんていしょうにん)

 相続人が相続によって得る財産の範囲内で、債務を負担することを留保して、相続を承認すること。

 

検認(けんにん)

 自筆証書遺言や秘密証書遺言の状態を確認し、現状を明確にする家庭裁判所での手続きのこと。

 

現物分割(げんぶつぶんかつ)

 遺産そのものを現物で分けること。

 

公証人

原則30年以上の実務経験を有する法律実務家の中から、法務大臣が任命する公務員のこと。

 

公正証書(こうせいしょうしょ)

 法令に従って、公証人が私権に関する事実について作成した証書。
公文書として強い証拠力が認められる。

 

公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん)

 公証役場で作ってもらう遺言のこと。検認手続きは不要となる。

 

香典(こうでん)

香の代わりに霊前に供える金品のこと。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab