【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続・遺言用語集 » 相続・遺言用語集(な行、は行)

相続・遺言用語集(な行、は行)

2012/03/03

な行

内縁(ないえん)

婚姻の意思を持ち、共同生活を営んでいるが、婚姻の届出をしていない、事実上の夫婦関係のこと。

 

任意後見制度(にんいこうけんせいど)

将来、自己の判断能力が不十分な状況になったときのために、本人の生活、療養看護、財産管理の代理権を任意後見人の受任者に付与する制度。

 

認知(にんち)

婚姻外で生まれた子を自分の子であると認める意思表示のこと。

 

 

は行

配偶者(はいぐうしゃ)

 有効な婚姻の届出がなされている夫婦関係における夫あるいは妻のこと。

 

配偶者の税額控除(はいぐうしゃのぜいがくこうじょ)

被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際のもらった遺産額が、一定の金額までは配偶者に相続税はかからないという制度のこと。 

 

廃除(はいじょ)

被相続人の意思により、悪いことをした相続人を相続人から外すこと。

 

被相続人(ひそうぞくにん)

 亡くなった本人のこと。

 

卑属(ひぞく)

 基準となる人より後の世代の血族のこと。

 

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

 法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子供のこと。

 

秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)

 普通方式の遺言の一つで、内容は秘密にし、その存在だけは明らかにしておく遺言

 

付言(ふげん)

遺言書の最後の部分に付け加えたもので、法的拘束力のないもの。

 

負担付遺贈(ふたんつきいぞう)

 受遺者に対して財産をあげる見返りに、一定の義務を負担してもらう遺贈のこと。

 

普通失踪(ふつうしっそう)

 不在者の生死が7年不明の場合に、家庭裁判所に失踪宣告を請求すること。

 

物納(ぶつのう)

 租税などを物で収めること。

 

包括遺贈(ほうかついぞう)

一定の割合を指定する遺言での贈与のこと。 

 

傍系(ぼうけい)

 直系から分かれた枝葉の系統のこと。

 

法定後見制度(ほうていこうけんせいど)

判断能力の不十分な人(認知症患者、知的障害者、精神障害者など)を支援・保護するために作られた制度のこと。

 

法定相続(ほうていそうぞく)

 法律により相続人と相続割合が定められた相続のこと。

 

法定相続人(ほうていそうぞくにん)

法律により定められている相続人のこと。 

 

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

遺言がない場合に、民法の規定に従って各相続人が相続する遺産の取り分のこと。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab