【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 子供のいない夫婦の相続はどうなるのか【相続】

子供のいない夫婦の相続はどうなるのか【相続】

Q:子供のいない夫婦の相続はどうなるのか

夫婦の間に子供がいない場合、どちらか夫婦の一方が死亡した際にはその遺産は配偶者が3分の2、被相続人の親が3分の1の割合で相続します。

もしも被相続人の親がすでに死亡していた場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人となり、相続分は配偶者が4分の3、被相続人の兄弟姉妹が4分の1になります。

この場合、もしも被相続人の兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡していた場合、その兄弟姉妹の子供、つまり被相続人の甥や姪が代襲相続することになります。

例えば財産のほとんどが居住用不動産などの場合、縁が薄い夫の甥や姪と遺産分割しなければならないことに不安を感じるケースもあろうかと思います。

そのような場合には、兄弟姉妹には遺留分が認められていませんので、例えば夫が妻に自分の全遺産を相続させるという内容の遺言書を作成しておけば、上記のような不安はなくなります。

子供のいない夫婦のケースにおいては、残される配偶者の生活を守るという意味でも、遺言書の作成をお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab