【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 負担付遺贈を断りたい【遺言】

負担付遺贈を断りたい【遺言】

Q:負担付の遺贈を断りたい場合にはどうすればいいか

負担付遺贈とは、遺言者が『財産を遺贈する代わりに一定の義務を引き受けてほしい』という内容の遺言をした場合のことです。

例えば、自分の死後××××の面倒をみることを条件に土地をやる、というような遺言がこの場合に該当します。

受遺者は遺言者の死後、遺贈を放棄することが可能です。

しかし、包括遺贈の場合(特定の財産を遺贈するのではなく、遺産の全部または一部を一定の割合で遺贈する)には、遺言者の死後、包括遺贈のあったことを知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に放棄の申述をしなければなりません。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab