【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 遺産分割協議書は必ず作成しなければならないのか【相続】

遺産分割協議書は必ず作成しなければならないのか【相続】

Q:相続が発生した場合に、遺産分割協議書は必ず作成しなければならないのでしょうか?

遺産分割協議書は、法律などで作成が義務付けられているわけではありません。

しかし、預貯金の名義変更や不動産の名義変更の場合には添付書類として提出を求められることがあります。

また、相続人が複数人いる場合、きちんと遺産分割協議書を作成し、各自で保管することにより、後日のトラブルを防止することができます。

遺産分割協議書を作成することにより、相続人各自がどのような内容で相続することに合意したのかを示す証拠としての役割を果たしますので、相続が発生した際には、遺産分割協議書の作成をされることをお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab