【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 相続税の申告期限を過ぎた場合のペナルティは【相続】

相続税の申告期限を過ぎた場合のペナルティは【相続】

Q:遺産分割協議が難航し、相続税の申告期限までに間に合わない場合のペナルティについて知りたい

相続税の申告について、相続開始後10ヶ月以内という申告期限を過ぎてしまった場合、無申告加算税と申告期限の翌日から納付までの日数に応じて延滞税が発生します。

無申告加算税は、申告期限が過ぎた場合、税務署の調査により指摘された場合と、納税者が自発的に申告した場合とでは税率が異なります。 

また相続税は収めたがその額が不足していた場合には過小申告加算税が、 故意に申告書を提出しなかったり財産を隠した場合には重加算税が課税されます。

相続税を納める必要のあるケースでは、税理士へのご相談をお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab