【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 遺留分減殺請求のやり方を教えてほしい【相続】

遺留分減殺請求のやり方を教えてほしい【相続】

Q:遺留分減殺請求はどうやればいいのかを教えてほしい

遺留分減殺請求のやり方には特に決まりはありません。

遺留分を害する相手方への意思表示だけで効力が生じるとされています。

しかし、裁判によらずに請求をする場合には、後日証拠とするために、内容証明郵便を用いて遺留分減殺請求の意思表示をするのが一般的です。

なお、遺言書などで遺言執行者が指定されている場合、遺言執行者にも遺留分減殺請求する旨を知らせておく必要があります。

遺留分減殺請求の効果は、意思表示が相手方に届いた時点で発生します。

意思表示が到達した後は話し合い、場合によっては裁判所での調停や訴訟によって遺留分に見合う相続財産を取り戻すことになります。

ただし、遺留分減殺請求は遺留分権利者が相続の開始を知り、被相続人の財産の贈与または遺贈が遺留分を侵害していることを知った時から1年以内にしなければなりません。相続開始の時から10年を経過した際にも、時効により請求することができなくなります。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab