【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 家業を継ぐ長男だけに全ての財産を相続させたい【相続】

家業を継ぐ長男だけに全ての財産を相続させたい【相続】

Q:息子が2人おり、家業を継いでくれる長男に財産すべてを相続させたいがどうすればいいか

被相続人であるご本人が生きているうちは、長男以外の相続人の方に相続放棄させることはできません。

しかし、ご本人が遺言で『全ての財産を長男○○○○に遺贈する』と記すことで、長男が全財産を受け継ぐことになります。

ただし、ここで問題となるのが『遺留分』です。

ご本人の生前に相続人全員が長男に全財産を相続させることに納得しており、「自分は何もいらない」と言っていたとしても、相続開始後に遺留分を請求する可能性はあります。

ご本人が生きている内に、長男以外の相続人に対し、遺留分相当の贈与をしていれば遺留分を請求することができませんが、そうでなければ遺留分放棄の手続きというものがあります。

ただし、遺留分放棄には長男以外の相続人が家庭裁判所へ申立てる必要があり、親の圧力により遺留分を放棄させられたと判断されないための正当な理由をもって許可を得なければなりません。

また、遺留分の放棄を行ったとしても、遺言書で全財産を長男に相続させる旨の記載をしておかなければ、ほかの相続人も遺産を相続することになります。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab