【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 遺言書に記載しても効力のない事とは【遺言】

遺言書に記載しても効力のない事とは【遺言】

Q:遺言書に記載しても効力のないことを教えてほしい。

遺言書に記載すれば、法律上の効力を生じることは民法その他の法律に定められています。 

※参照:遺言によってできること

それ以外の事項を遺言に記載しても問題ありませんが、法律上の効果は生じません。 

例えば、『家族みんな仲良く暮らしてほしい』などという文言は、道徳的な意味合いしかありません。

しかし、遺言者の意思を伝えるという点では有効な場合もあります。

特に遺言書に記載しても法的効力を生じない事項については、遺言書とは別に『エンディングノート』の作成をお勧めしています。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab