【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 自分で遺言書を書きたい場合の書き方はどうすればいいか【遺言】

自分で遺言書を書きたい場合の書き方はどうすればいいか【遺言】

Q:自分で遺言書を書きたいが、書き方がわからない。自分で書く場合の注意点を教えてほしい。

遺言書を書くにあたって注意する点を下記します。

①自分で書く

全文遺言者が自分で書くことが必要。
他人が代筆したもの、パソコン・ワープロで作成したものは許されません。

②日付を必ず入れる

日付は必ず年月日全てを書いてください。
もしも遺言者の死後、2通以上の遺言書が発見された時は、後で書かれた遺言の方が優先されます。

③訂正方法に気を付ける

字句の訂正、加筆がある場合、必ずその訂正箇所に押印をし、欄外に訂正箇所を指示して訂正した旨を付記し、署名をしなければなりません。
※遺言の変造を防止するため、訂正方法は厳格に決められています。訂正が無効となると、訂正前の遺言が有効になりますので、訂正箇所が多い場合は新しく作成することをお勧めいたします。

④署名押印する

印は実印でなくても認印でも有効です。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab