【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 借金は相続したくないけれど、今の家には住み続けたい【相続】

借金は相続したくないけれど、今の家には住み続けたい【相続】

Q:借金は相続したくないけれど、今の家に住み続けたい場合どうしたらいいのか

借金の額が多額な場合、相続放棄の手続きをすれば債務を負わなくて済みます。

しかし、相続放棄をしてしまうと、プラスの財産も相続することはできなくなりますので、プラスの財産である家からも出ていかなければなりません。

この場合、限定承認という手続きが考えられます。

限定承認は、積極財産(プラスの財産)の限度で相続債務(マイナスの財産)を引き受けるというものなので、遺産が債務超過の場合も、相続人は自分の財産を持ち出してまでその債務を支払う必要はありません。
(ただし、相続放棄に比べ、限定承認は手続きがやかきなためにあまり利用されていないのが現状です。)

問のようなケースでは、家庭裁判所に申し出て、不動産の評価価格を収めることを条件に家を競売からはずしてもらうことができます。

注意として、限定承認は共同相続人全員の同意が必要であるという点です。

相続人の内、誰か一人でも単純承認すると言い張れば、限定承認することはできません。
(相続放棄の場合は、残りの相続人が全員一致すれば限定承認可能です)

さらには相続開始を知ってから3か月以内に家庭裁判所に財産目録を提出して申述する必要があり、財産目録の調製が間に合わない恐れがある場合は、期間の延長を申し出る必要があります。

以上のように限定承認の場合、手続きが複雑かつ手間がかかるため、専門家へご相談されることをお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab