【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 遺産分割協議がまとまらない場合、どうすればいいか【相続】

遺産分割協議がまとまらない場合、どうすればいいか【相続】

Q:遺産分割協議がまとまらない場合、どうすればいいか

家庭裁判所の調停という手続きを利用することができます。

調停は裁判官1名と調停委員2名以上が立ち会い、相続人間の話し合いを基礎に解決を目指す手続きです。

ただし、調停は裁判ではないので、相続人の誰か一人でも分割案に納得しない者がいれば調停は成立せず、調停が不調に終わると自動的に審判手続きに移行します。

※相続人の全員の合意が得られ調停が成立すると、調停調書に確定判決と同様の強制力が付与されます。

審判では、裁判官が各相続人の主張を受け、職権で証拠調べを行い、それぞれの事情を考慮したうえで妥当な分割方法を定め審判を下すことになります。

審判手続きに関しては、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab