【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続、遺言に関するQ&A » 相続人に行方不明者がいる場合、どうすればいいか【相続】

相続人に行方不明者がいる場合、どうすればいいか【相続】

Q:相続人に行方不明者がいる場合、どうすればいいか

遺産分割協議は相続人全員で行う必要があるため、行方不明の方を除外して遺産分割協議を行っても、効力はありません。

相続人の現在の住所がわからず連絡が取れない場合は、戸籍の附票などで住所を調べます。

調べても居所がわからない場合は、家庭裁判所に不在者財産管理人選任の申立を行います。

この不在者財産管理人が行方不明者の代わりに遺産分割協議に参加することで、遺産を分割できます。

相続人の居所がわからない状態が7年以上続き、現在生きているかどうかがわからない場合は、家庭裁判所に失踪宣告を申立ることで、行方不明になった時から7年後に亡くなったものとみなしてもらうことができます。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab