【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 生前三点契約書 » 尊厳死宣言書

尊厳死宣言書

尊厳死宣言書

尊厳死契約書に記載する具体的内容は以下の通りです。

 

(1)尊厳死の希望意思表明

 この書類のもっとも重要な部分がこの「延命治療を拒否して尊厳死を希望する」という意思表明です。

 

(2)尊厳死を希望する理由

 なぜ尊厳死を希望するのかの理由を明確にすることで、関係者への説得力を増すことができます。

 

(3)家族の同意について

 自身が尊厳死を望み宣言書を作成しても、家族が延命措置の停止に反対した場合、医師は無視することはできません。

 家族の同意が得られた場合、それを記載しておくことが望ましいです。

 

(4)医療関係者に対する免責

 延命措置を行わず、尊厳死を実現することによって、家族や医療関係者が法的責任を問われることがないように、警察・検察関係者に配慮を求める記載です。

 

(5)宣言の効力について

 作成した宣言書が、自分が心身ともに健全なときに作成したこと、そして自分が宣言を破棄・撤回しない限り効力を持ち続けることを明確に記載します。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab