【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 生前三点契約書 » 生前三点契約書とは

生前三点契約書とは

生前三点契約書

遺言書によって遺される家族のために死後の備えをしておくことは大切なことですが、自分自身のために死ぬ前の備えもとても大切なことです。

老後の安心のためにも以下の生前三点契約書の作成をお勧めします。

 

(1)尊厳死宣言書

尊厳死宣言書とは、延命治療を拒否して自然に死を迎えるための文書です。

具体的には自身が脳死状態になったときに医療関係者に延命治療をしないように希望する指示書のことをいいます。

 

(2)財産管理等の委任契約書

 足腰が弱ったり視力が低下すると、いちいち金融機関に出向いたり日常生活における様々な書類の記入が面倒になってきて、同居している家族や近所に住む子供に頼んで手続きを代行してもらう方も多いと思います。

特に病院での治療や手術のため、介護サービスを受けるためにまとまったお金が必要になる場合、金融機関での手続きに際しては委任状を求められますし、いざその時には手や目が不自由で委任状が作成できないということもあるかもしれません。

そのような場合に備え、「これから●●のような手続きについては誰々に代わりにやってもらいます」といった内容の委任状があれば、契約や手続きのたびにの委任状を使い回すことができ、手間を省くことができます。

このような委任状のことを財産管理等の委任契約書といいます。

 

(3)任意後見契約書

任意後見契約を結ぶと、将来認知症などにより実際に判断能力が低下したときに、あらかじめ頼んでおいた相手(任意後見人)が様々な事務手続きを代行してくれます。

自分が判断能力が低下した際に誰かに騙されて財産を失うことを防止したり、光熱費の支払いが滞って電気、ガス水道が止められて生活することができなくなったりすることを防止し、現在の生活を維持することもできます。

また自分の面倒を見てくれる家族が、他の相続人から「親の財産を好き勝手に使っている」などの誤解を受けるのを防止すうことにも役立ちます。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab