【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続に関する基礎知識 » 寄与分とは

寄与分とは

寄与分とは・・・

 
寄与分とは、共同相続人の中に被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした者がある場合に、他の相続人と実質的な公平を図るため、その寄与した相続人に対して相続分以上の財産を取得させる制度です。

 

寄与分を主張できる者

・共同相続人
 ※相続放棄をしたもの、相続欠格、廃除された者は主張できません。
・代襲相続人
・養子

 

寄与分を主張するための要件

○特別の寄与行為があること
 ・寄与行為は、主として無償もしくはこれに準ずるものでなくてはなりません。
 ・寄与行為は『特別』でなければなりません。
  例えば、子供が同居して面倒を見ていた場合でも、それだけでは扶養義務の履行とみなされ、遺産の維持に貢献したとはいえない。

○寄与行為により、被相続人の財産が維持もしくは増加したこと

 

寄与分を定める手続き

原則として、相続人全員の協議により、寄与分を決めます。

協議がまとまらない場合は、寄与した相続人からの請求によって家庭裁判所が定めることになります。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab