【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続に関する基礎知識 » 遺留分の放棄

遺留分の放棄

遺留分の放棄

遺留分とは、被相続人の遺言によっても害することのできない、相続人が相続に関して最低限保証されている取り分のことをいいます。

相続の放棄については相続開始前に行うことはできませんが、遺留分の放棄は相続開始前でも行うことができます。

遺留分を放棄する場合、単にその旨を宣言したり、念書を書いただけでは法的な効果はなく、家庭裁判所に申し立て許可を受ける必要があります。

遺留分の放棄には正当な理由が必要になります(現在十分な資力がある、これまで遺言者から十分な財産援助を受けてきたなど)。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab