【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続に関する基礎知識 » 代襲相続、再代襲相続

代襲相続、再代襲相続

代襲相続、再代襲相続

代襲相続

相続人が死亡していたり、生存していても廃除、欠格事由のため相続権を失っている場合に、相続人の子や孫が代わって相続することができる制度のことです。

※相続人(被代襲者)が相続放棄をした場合、代襲相続をすることはできません。

代襲できる者は、相続人(被代襲者)の子及び兄弟姉妹です。

※相続人(被代襲者)の配偶者や親は代襲相続をすることはできません。

 

再代襲相続

代襲者が被相続人と同時、または先に脂肪していた場合や、相続欠格や廃除された場合に、代襲者の子が代わりに相続をする制度のことです。

相続人が子の場合は何代でも再代襲が可能です。

※相続人が兄弟姉妹の場合、次の代(甥、姪)までしか代襲することができません。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab