【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

相続欠格

相続欠格

相続欠格とは、以下にあげるような一定の欠格事由が発生することにより、法律上当然に相続人の資格を奪う制度です。

欠格事由① 

故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、または至らせようとしたために、刑に処された者。

欠格事由②

被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。ただsじょ、是非の分別のできない者、加害者の配偶者及び直系血族は除かれる。

欠格事由③

詐欺または脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、これを取り消し、またはこれを変更することを妨げた者。

欠格事由④

詐欺まはた脅迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、これを取り消させ、またはこれを変更させた者。

欠格事由⑤

相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab