【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続に関する基礎知識 » 単純承認、限定承認、相続放棄

単純承認、限定承認、相続放棄

単純承認、限定承認、相続放棄

相続人は、被相続人が亡くなり相続が開始した後、単純承認するのか、限定承認するのか、それとも相続放棄をするのかを選択することができますが、自己のために相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内という期限が設けられています。

これらは相続の開始前に行うことはできず、相続開始後3ヶ月以内に限定承認や相続放棄をしなかった場合、単純承認したものとみなされます。

単純承認

被相続人の財産をそのプラス、マイナスに関係なく、一切の権利義務を承継することをいいます。

 

限定承認

被相続人のプラスの財産の範囲内でのみ、マイナスの財産を弁済することを条件として相続することを言います。

限定承認は、相続人全員で行わなければなりません。

また、相続人が相続の開始を知った時から3ヶ月以内の期間に、相続財産の目録を調製し家庭裁判所に提出しなければなりません。

 

相続放棄

被相続人の財産をそのプラス、マイナスに関係なく、一切の権利義務を承継しないことをいいます。

被相続人の財産の内、マイナスの財産(借金)が多い場合にこの相続放棄を選択します。

相続放棄は相続人が単独で行うことができますが、相続の開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出なければなりません。

また、相続放棄をした相続人の子供には、代襲相続権はありません。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab