【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 相続に関する基礎知識 » 法定相続人とは

法定相続人とは

法定相続人とは

被相続人が亡くなった際に、相続する権利のある人のことを法定相続人といいます。

遺言による相続分の指定がない場合、各相続人の順位、相続割合は以下のように民法によって定められています。

配偶者

配偶者は常に相続人になります。

相続人が配偶者のみの場合、財産の全てを相続することになります。

※ここでいう配偶者は法律上の配偶者のことであり、内縁関係にある妻(または夫)は含まれません。

 

第一順位:子

子供が複数人いる場合は、平等に相続します。

相続開始時に被相続人の配偶者がすでに死亡している場合、財産の全部を相続します。

配偶者を子が相続人となる場合、配偶者が1/2、子が1/2の割合で相続します。

ただし、非嫡出子は嫡出子の相続分の半分になります。

 

 第二順位:直系尊属

 直系尊属とは被相続人の父母、祖父母のことをいいます。

第一順位の相続人である子がいない場合、被相続人の父母が相続人となります(父母がいない場合で祖父母がいる場合には祖父母が相続人となります)。

相続開始時に被相続人の配偶者がすでに死亡している場合、財産の全部を均等に相続します。

配偶者と父母(または祖父母)が相続人となる場合、配偶者が2/3、父母(または祖父母)が1/3の割合で相続します。

 

第三順位:兄弟姉妹

被相続人に子、父母、祖父母がいない場合、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。

兄弟姉妹もすでに亡くなっている場合、兄弟姉妹の子が代襲相続人となります。

配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合、配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4の割合で相続します。

ただし、父母の一方を同じくする兄弟姉妹は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の半分になります。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab