【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 遺言に関する基礎知識 » 遺言書の方式

遺言書の方式

遺言書の方式

 民法で定める普通方式の遺言は以下の3つになります。

 『遺言は、民法に定める方式に従わなければ、これをすることができない』と規定されています。

(1)自筆証書遺言

・遺言者が遺言内容の全文・日付・氏名を自分で書き、押印します。

 ※上記のものが欠けている場合、その遺言書は無効となります。

・法律的に間違いがない文章を作成することの難しさや保管の問題があります。

・相続が開始し、遺言執行の際には家庭裁判所にて「検認手続き」を行わなければなりません。

 

(2)公正証書遺言

・証人2人以上の立会いのもと、遺言の内容を公証人に伝え、筆記してもらった上で読み聞かせてもらい、その内容に間違いがないことを確認したうえで署名、押印します。

 当事務所では、この方式の遺言書の作成を一番お勧めいたします。

 

(3)秘密証書遺言

・遺言者が署名、押印した遺言書を封書にして公証人に提出します。

・自筆証書遺言とは異なり、本文は自筆でなくてもかまいません(パソコン、ワープロ使用可)。

・この方式による遺言についても、内容の正確さや検認手続きなどの問題があります。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab