【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 遺言に関する基礎知識 » 家庭裁判所の検認手続

家庭裁判所の検認手続

家庭裁判所の検認手続

公正証書遺言以外の遺言は、遺言執行前に家庭裁判所の「検認」を受けなければなりません。

「検認」とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言の形状、加除訂正の状態、日付、署名など「検認」の日現在における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。

「検認」は、遺言書の有効・無効を判断する手続きではありませんが、検認を受けないで遺言を執行した場合には、過料(5万円以下)に処されるので注意が必要です。

検認手続きを行うのは、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

<検認に必要な書類等>

・遺言書検認申立書

・遺言者の出生から死亡まで連続した戸籍、除籍謄本等

・申立人、相続人全員分の戸籍謄本

・収入印紙800円分

・連絡用の切手

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab