【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします。

HOME » 遺言に関する基礎知識 » 公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言のメリット・デメリット

<メリット>

・公証人が作成するため、内容が明確で証拠能力が高く、後の紛争の可能性が低い。

・遺言書原本を公証人役場で保管するため、偽造、変造、隠ぺいの危険性がない。

・字を書けない人でも作成することができる。

・遺言書の検認手続きを要しない。

・どこの公証人役場からでも遺言書の有無が検索できる。

 

<デメリット>

・公証人が関与するため、作成手続きが煩雑。

・遺言書の存在と内容が、公証人と証人2名に知られてしまう。

・公証人への手数料や証人2名への立会い料がかかる。

 

※当事務所においては、この公正証書遺言の作成をお勧めいたします。

 遺言書の作成する目的は、そのほとんどが後のトラブルを防止することにあると思います。

 ですので、形式不備や紛失などの危険がなく、自らの意思を確実に実現し、相続が開始してから残された家族に手間を取らせずにスムーズに遺言を実行することができる、公正証書遺言の作成をお勧めいたします。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
MAIL:info@hitomi-gyousei.com
営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab