【茨城・千葉】遺言書の作成、遺産分割協議書作成などの相続手続にお悩みの方、女性行政書士が親身に対応いたします www.green-touch.org/ payday-advance

茨城県(鹿行地区)・千葉県(県北地域)にお住いの、遺言・相続のことでお悩みの方へ。

遺言・相続について不安を抱えている方や、書類作成などの手続きを始めたいが誰に相談すればいいのかわからないという方、お気軽に当事務所にお問い合わせください。

当事務所では女性行政書士がお客様のお悩みに親しみやすく丁寧に対応し、問題解決に向けてサポートいたします。 一人で悩まず、まずはご相談ください。

相続・遺言に関するお悩みをお聞かせ下さい。茨城・千葉全域対応。

当ホームページにご訪問いただきまして、ありがとうございます。

行政書士の大久保と申します。

当事務所は、茨城・千葉を中心に、遺言・相続の手続きのお手伝いをさせていただいております。

茨城県内、千葉県内にお住まいの方で、遺言の書き方、相続手続きの進め方にお悩みの方は、お気軽にお問合せください。

相談は訪問・来所どちらでも可能です。

なお、相談につきましては完全予約制とさせていただいております。

事前予約をいただければ、営業時間外、土日等にご相談いただくことも可能です。

平日はお仕事が忙しく、土日祝日に電話予約を希望される方へ

※土日祝日に電話予約をご希望の方は、転送電話となっておりますので、転送先につながるまで多少の時間がかかりますことをご了承くださいますよう、お願いいたします。

当事務所は、面倒な相続に関する手続きをトータルでサポートいたします!

相続手続きを自分でやろうとすると、思いの他手間がかかるものです。

特にお仕事をしている方、初めて相続人となられた方であればなおさらのことでしょう。

戸籍調査や財産目録の作成、遺産分割協議書作成、銀行口座などの名義変更など、

書類取得や作成、手続きの代行をサポートいたします。

・相続手続きについてどうすればいいかわからないという方

・相続手続きを自分で専門書を購入しやろうとしたが、よくわからなかったのでお願いしたいという方

・仕事が忙しく、戸籍集めなどの手間のかかる作業はできないという方

・手間のかかる銀行などの金融機関の口座解約までやってほしいという方

・他の相続人と疎遠なので、専門家に依頼したいという方

・遺言書を発見したけれども、どうすればいいかわからないという方

相続手続きを迅速に、そして正確に完了させるために、専門家への相談をお勧めいたします。

戸籍取得による相続人確定手続き

相続財産調査による財産目録の作成

遺産分割協議書の作成

各種名義変更手続き

上記手続きをトータルでサポートいたします。

遺産分割協議書のみの作成依頼も承っております。

不動産の名義変更につきましては、司法書士とともにサポートいたします。

  

相続を争族としないために、遺言書の作成をお勧めいたします!

 遺言は死が迫った時に書くもの、もしくは多額の資産を持つ者が角ものだとは思っていませんか?

 しかし、相続はすべての人に発生する問題です。

 必ず来るその日に備え、もめ事を避ける準備をしませんか?

 特に以下のケースに該当される方は、遺言書の作成を強くお勧めいたします。

 配偶者との間に子供がいない

 法定相続分と異なる配分をしたい

 相続人以外に財産を与えたい

 先妻と後妻それぞれとの間に子供がいある

 財産の種類、数量が多い

 農家や個人事業主の方

 配偶者以外との間に子供がいる(婚外子)

 相続人の中に行方不明者や浪費者がいる

 相続人同士の仲が悪い

 上記に該当される方、遺言書の作成を希望・検討されている方は、どうぞ気軽にお問い合わせください。

 当事務所で遺言書作成をご依頼された方には、無料にてエンディングノートをご提供いたします。

老後を安心して過ごすため、生前三点契約書の作成をサポートいたします!

 昨今、「老々介護」の問題がメディアで多数取り上げられています。

また、高齢のご夫婦で暮らしてきたが、一方の配偶者が先に亡くなられてしまい、残された方がおひとりで暮らしていかなければならないというケースが多々あります。

お子様が遠方にいらっしゃる方、親族の方と疎遠になっている方などは、どうしてもひとりで暮らしていかなければならないということもあろうかと思います。

高齢であっても元気な方はたくさんいらっしゃいますが、やはり歳を重ねていくについれて心身が衰えていくのを避けて通ることはできません。

老後を安心して過ごすための備えとして、以下のような書類作成をお勧めいたします。

●高齢や病気のため、寝たきり状態となった時に備える 『財産管理当の委任契約書』

●認知症などが原因で、家族の顔さえも分からなくなったときに備える 『任意後見契約書』

●事故や病気等により、長期間にわたり植物状態や脳死状態になったときに備える 『尊厳死宣言書』

○身寄りがなくて、死後、自分の葬儀や埋葬、住んでいた部屋の片づけをしてもらう人がいない場合の 『死後事務委任契約書』

○定期的に面談や連絡をとり、任意後見をスタートさせる時期を相談したり、判断してもらうための 『見守り契約書』

上記のような状態になった時であっても、ご自身が希望する看病や介護を受け、財産を守り、納得した老後を過ごすためには、事前にご自身の意思を客観的に表すための書類を作っておく必要があります。

書類作成に関する疑問、ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

初回相談(訪問、来所、メール)は無料にて対応させていただいております。

まずはご相談いただき、業務を信頼して任せられると思われた場合にのみご依頼いただければと思います。

業務依頼後、ご依頼された業務に関するご相談は無料です。

それ以外の場合、2回目以降のご相談は有料(5,250円/時間)となります。

各サービスの報酬額について

当事務所での相続、遺言、生前三点契約書についての報酬額は以下の通りです。

サービス 料金
自筆証書遺言作成サポート 52,500円
公正証書遺言作成サポート(証人2名含む) 105,000円
相続人・相続財産調査 各52,500円
遺産分割協議書作成 52,500円
預貯金名義変更(1金融機関あたり) 15,750円
自動車名義変更(1台あたり) 12,600円
相続手続きトータルサポート(相続財産3,000万円未満のケース) 157,500円
相続手続きトータルサポート(相続財産3,000万円以上のケース) 相続財産の0.5%×1.05
各種内容証明郵便作成 21,000円
尊厳死宣言公正証書作成サポート 21,000円
任意後見契約書作成サポート 52,500円
財産管理委任契約書作成サポート 31,500円
面談(訪問・来所)による相談料(2回目以降) 5,250円/時間
メールによる相談料(2回目以降) 2,100円/回

業務範囲①:茨城県全域

水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、竜ヶ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里市、東海村、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、利根町

業務範囲②:千葉県全域

千葉市、銚子市、市川市、船橋市、館山市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ヶ谷市、君津市、富津市、浦安市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、大網白里町、九十九里町、芝山町、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、冨里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町

遺言執行者を選任するにはどうすればいいか【遺言】

Q:遺言執行者を選任するにはどうすればいいか

相続人同士の利害が対立して遺言執行がスムーズに行えない可能性がある場合や、婚外子の認知や相続人の廃除をする場合には、遺言執行者を選任する必要があります。

その場合。遺言執行者の選任の仕方としては、まず遺言の中で遺言執行者を指定する方法があります。

また、遺言の中で第三者に遺言執行者の指定を頼むこともできます。

遺言で指定されておらず、もしくは指定された者が断った場合、利害関係人が家庭裁判所に申し立て、遺言執行者を選任してもらうことができます。

この場合、未成年者や破産者は遺言執行者にはなれません。

子供のいない夫婦の相続はどうなるのか【相続】

Q:子供のいない夫婦の相続はどうなるのか

夫婦の間に子供がいない場合、どちらか夫婦の一方が死亡した際にはその遺産は配偶者が3分の2、被相続人の親が3分の1の割合で相続します。

もしも被相続人の親がすでに死亡していた場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人となり、相続分は配偶者が4分の3、被相続人の兄弟姉妹が4分の1になります。

この場合、もしも被相続人の兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡していた場合、その兄弟姉妹の子供、つまり被相続人の甥や姪が代襲相続することになります。

例えば財産のほとんどが居住用不動産などの場合、縁が薄い夫の甥や姪と遺産分割しなければならないことに不安を感じるケースもあろうかと思います。

そのような場合には、兄弟姉妹には遺留分が認められていませんので、例えば夫が妻に自分の全遺産を相続させるという内容の遺言書を作成しておけば、上記のような不安はなくなります。

子供のいない夫婦のケースにおいては、残される配偶者の生活を守るという意味でも、遺言書の作成をお勧めいたします。

負担付遺贈の受遺者が義務を履行しない場合はどうすればいいか【遺言】

Q:負担付遺贈を受け取った相手が、遺贈だけを受け取って義務を果たさない場合はどうすればいいか

質問のようなケースの場合、まずは相当の期間を定めて負担付遺贈の受遺者に義務を行うように催促します。

それでも指定した期間内に受遺者が義務を利用しない場合には、相続人から家庭裁判所へ遺言の取り消しを求めることができます。

負担付遺贈を断りたい【遺言】

Q:負担付の遺贈を断りたい場合にはどうすればいいか

負担付遺贈とは、遺言者が『財産を遺贈する代わりに一定の義務を引き受けてほしい』という内容の遺言をした場合のことです。

例えば、自分の死後××××の面倒をみることを条件に土地をやる、というような遺言がこの場合に該当します。

受遺者は遺言者の死後、遺贈を放棄することが可能です。

しかし、包括遺贈の場合(特定の財産を遺贈するのではなく、遺産の全部または一部を一定の割合で遺贈する)には、遺言者の死後、包括遺贈のあったことを知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に放棄の申述をしなければなりません。

胎児の相続権

胎児の相続権

胎児である間は権利を持ったり義務を負うことはできませんが、相続に関しては法律で胎児にも相続する権利を認めています。

(民法886条)
胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす

ただし、胎児でいる間に母親が法定代理人となって遺産分割を受けることはできません。

胎児は将来生まれた時にはじめて相続開始の時に遡って相続人となります。

もしも胎児の存在を無視して遺産分割が行われた場合は、生まれた後に遺産分割をやり直す必要があります。

お問い合わせはこちら

【茨城県・千葉県】遺言・相続サポートセンター
代表者 行政書士 大久保 瞳
所在地 〒314-0253 茨城県神栖市須田2218-2
TEL:0479-26-4791
FAX:020-4667-2655
WEBSITE
These companies will help you develop a price range and can assist in dealing with creditors to set up a new debt management plan and to consolidate payday loans. Be aware though - break on the agency an individual align you together with. Try to go with a situation run or advised program that is a not for profit. There are a lot of fishes out there looking to cash in on your debt problems. Condition recommended / not profits will not have gain financially by only helping you. 営業時間:E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで
土日は事前予約があった場合のみ対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab